慈悲の瞑想(省略バージョン)


今回は慈悲の瞑想(省略バージョン)を紹介いたします

 

先日、日本テーラワーダ仏教協会『慈悲の瞑想(フルバージョン)』が作成され紹介されましたので、そちらと区別するために語尾に(省略バージョン)とつけています。




『確実に幸せの運気が上がる魔法の方法でも「慈悲の瞑想」を紹介しているのですが、こちらは全文ではなく「私の嫌いな人々」「私を嫌っている人々」の部分を省略しています。

 

何故かというと「私の嫌いな人々」「私を嫌っている人々」の幸せを願うのは、なかなか難しいんですよ(^◇^;)

私もこの部分を言えるようになるまで、か~な~り時間がかかりました。

 

それで、あえて省いていましたが、やはり心を成長させるために必要な部分でありますので、今回は全文ご紹介します。

 

ただ「私の嫌いな人々」と「私を嫌っている人々」の部分はオプションなので、無理にやる必要は全くありません。

この部分を唱えることで怒りが湧いてくるようなら、逆効果になってしまうので絶対に無理をしないでくださいね。

 

この瞑想をする意味や、やりかたは『確実に幸せの運気が上がる魔法の方法』で紹介していますので、まずはこちらを読んでみてください。

 

この瞑想は「サマタ瞑想」と呼ばれ、繰り返し言うことで徐々に心を変化させていきます。

日ごろから「生きとし生けるものが幸せでありますように」の部分だけでも念じるだけでも変わってきます。

特に寝るときや起きてすぐにすることをお勧めします。



 

慈悲の瞑想(省略バージョン)

 

私が幸せでありますように
私の悩み苦しみがなくなりますように
私の願いごとが叶えられますように
私に悟りの光が現れますように

私が幸せでありますように
私が幸せでありますように
私が幸せでありますように

 

私の親しい人々が幸せでありますように
私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように
私の親しい人々の願いごとが叶えられますように
私の親しい人々に悟りの光が現れますように

私の親しい人々が幸せでありますように
私の親しい人々が幸せでありますように
私の親しい人々が幸せでありますように

 

生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように
生きとし生けるものに悟りの光が現れますように

生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものが幸せでありますように

 

私の嫌いな人々も幸せでありますように
私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように
私の嫌いな人々に悟りの光が現れますように

私を嫌っている人々も幸せでありますように
私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように
私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように
私を嫌っている人々に悟りの光が現れますように

生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものが幸せでありますように

 

『ヴェーラーマー経:瞑想が超ポジティブに実践できるようになる!』を是非読んでいただきたいのですが、瞑想が一番功徳を積むことができるんですね。

 

善いことを沢山すれば善いことが返ってくる(因果の法則)を考えたときに、瞑想が一番効果が高いということになります。

 

是非、やってみてください。

皆様が幸せでありますように( ゚▽゚)/

 

追記: 慈悲の瞑想(省略バージョン)で少し変更がありました。

くわしく【慈悲の瞑想(省略バージョン)改訂版】をお読み下さい。

 

関連記事:『確実に幸せの運気が上がる魔法の方法』



 

記事一覧はこちら→「心を洗う」


スポンサードリンク