心が変わると嫌いな人が去っていくのは本当だった!


 

実体験してみての感想

 

 

ポイントは心を変えること

 

 

※できれば『受け入れる』と『変化が起こる』は本当だった!】を読んでからこちらをお読みください。

 

さて、前回の【『受け入れる』と『変化が起こる』は本当だった!】で書きましたように、立て続けに私の二人の敵役(かたきやく)であった、元同僚の悪魔のA子と上司がわたしのもとから去っていきました(上司は去っていく予定になりました)。




元同僚のA子は許してから1年半後に寿退職し、上司はその存在を受け入れてから1カ月以内に他部署への移動が決まりました。

 

この二人はわたしにとっての反面教師として最高で、わたしの心の成長に大きく貢献してくれましたので、感謝はしていますが、好きになるということはありませんでした。

 

というか、こんな性格に問題のある人達を好きになるというのは無理、無理(^◇^;)

 

 

嫌いな人を好きになる努力なんて、やっても無駄です。

心に負担をかけるだけです。

好きになる努力をするくらいなら「嫌われる勇気」をもったほうが数百倍マシです。

 

私の場合、別に好きにならなくとも、二人ともいなくなったので(その予定になったので)、嫌いな人を無理に好きにならなくとも去っていくことが実証されました。

 

では、嫌いな人が自分から離れていくにはどうしたらいいのでしょうか?

 

「好きになる努力」より「相手を理解する努力」

 

 

嫌いな人を好きになる努力はしなくてもいいですが、理解しようとする努力は大切です。

 

なぜ、相手がそのような言動をするのか?

 

自分の心を観察しながら、相手の心のはたらきも理解しようと努力することは、自分の心を成長させる大きな役割をはたします。

 

わたしたちはみんな【生存欲】という「生きていたい、死にたくない」という強烈な欲に衝きうごかされて生きています。

 

この「死にたくない」という欲は、「どうしたらうまく生きていけるのか」という強烈な「不安感」や「恐怖感」を生み出すのです。

 

よくよく観察してみると、自分にも相手にもこの不安感や恐怖感があり、その「不安感」「恐怖感」が相手を衝きうごかし、さまざまな言動を生み出していることがみえてきます。

 

悪魔のA子にしても、理不尽上司にしても根底にあるのは「失敗したくない!」という強烈な恐怖感でした。

 

瞑想をしながら自分の心を観察し、相手も観察するようにするとそういうことが次第にみえてきます。

 

相手のことをそういう風に理解しようとすると腹も立つけど「まあ、わたしにもそういうところあるし、仕方ないや」というように、気持ちのおとしどころがわかってきます。

 

また、どんなに性格が悪くて自分とそりの合わない人でも、やはりいいところはあります。

A子にも理不尽上司にも認めざるを得ないところは、いろいろとありました。

 

相手が嫌いだからと言って、その性格を全否定するのは公平ではありません。

相手のいいところはいいと素直に認める、そういった心の寛容さを育てることも大切だと思います。

 

そういう心を育てる努力をしていると、結果的に相手を許したり、受け入れたりすることができるようになるわけです。

 

自分にとっての「敵役(かたきやく)」は自分の【課題】

 

 

自分にとっての「敵役(かたきやく)」というのは、自分の心を成長させるための【課題】です。

 

わたしの場合、A子は「許す」という課題であり、理不尽上司は「受け入れる」という課題でした。

 

A子が去って、落ち着いて考えられるようになると、やはり「許す」という課題になるほどの人物はA子レベルではないと成り立たなかったなと思います。

 

自分の場合、普通の人相手なら少々のことなら「許す」なんて簡単にできます。

つねに「ドンマイ、ドンマ~イ」です。

 

しかし、悪魔のA子だからこそ「許せない」となったわけです。

「許しがたい人を許す」という体験をするにはA子だからこそ成りたったといえます。

 

理不尽上司にしても、わたしは大体のひとと話をあわせることができます。

しかし、なぜか理不尽上司とは話しがあわなかったのです。

「なんで、こうなるかな~?」と思うくらい、そりが合わなかったのです。

こういうのはやはり自分にとっての【課題】なんだろうなと思います。

 

自分の「許容範囲」を大幅に超えた人物や出来事というのは乗りこえるべき「人生の課題」です。

「課題」ですから、簡単に乗りこえられるわけがなかったんです。

 

過去の私は【ホ・オポノポノ】や【引き寄せの法則】という安易な方法で乗りこえようとして失敗しました(笑)

何事も経験ということです、ハハハ(^◇^;)

 

まあ、でも人生の課題というのは体当たりでぶつかっていかないと乗り越えられないということがわかってよかったです。

今後もいろいろ起こるだろうけど「人生っていろいろ起こって当たり前なんだ、そういうもんなんだ」と思って対処していくことでしょう。

 

今、人生の課題にとりくんでいらっしゃるみなさまも「課題というのは難しくてあたりまえ」と割りきって課題をこなしていってくださいね。

 

【課題】を終えると嫌いな人は去っていくが

 

悪魔のA子は「許す」、理不尽上司は「受け入れる」という【課題】をもった人たちで、その【課題】を終えると二人とも去っていきました。(上司の場合は、その予定になりました)

 

しかし、なぜA子は1年半もかかり、上司は1ヶ月弱くらいで結果がでたのでしょう。

 

それはどうも「怒り」が関係しているように思われます。

 

A子の場合、許した後も、日常的に嘘をついたり、相手を貶めたりする行為をみるたびに、怒りの感情がわきあがっていために、それが悪業となり、なかなか縁が切れなかったと推察されます。

上司の場合は理不尽さには腹がたっていたものの、A子のように腹黒い性格ではなかったので、怒りの感情はそれほど起こりませんでした。

 

おそらくその差が、結果があらわれる差になったのだと思われます。

 

しかし、課題をこなせば遅かれ早かれ結果は現れます。

 

ですから、みなさまもご自分の課題に体当たりで取り組んでくださいね。

 

さて、『許す』にしても『受け入れる』にしても、心の微妙なはたらきですから、頭で「許そう」「受け入れよう」と思ったところで、心はそう簡単には変わりません。

 

わたしの場合「変わった」と思えた心の状態は「心が青空のように澄みわたり、とても気持ちのいい状態」になるというものです。

「は~~♡終わってよかった~♡」と心から思える状態のことです。

 

二回ともこのような状態になったので、こういう心の状態になったら【課題終了】なんだろうと思います。

 

さあ、みなさまもそういう気持ちのいい心の状態をめざして、せっせと精進してくださいませね(*゚∀゚*)!

 

みなさまが幸せでありますように( ゚▽゚)/









記事一覧はこちら→「心を洗う」


スポンサードリンク

「心が変わると嫌いな人が去っていくのは本当だった!」への2件のフィードバック

    1. そうなんですよね。
      自分を見つめなおしたり、成長しないまま自分にとって嫌な人から逃げてばかりだと、違う環境になったら、更にすごく嫌な人が現れてくるという・・・。
      だから極力自分の置かれた環境から逃げないほうがいいのですが、人間関係って難しいので乗り越えるにはかなりの根性がいりますね。

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください