『デスノートLight up the NEW world』~仏教的には夜神月の復活はありえない


 

『デスノートLight up the NEW world』

 

 

夜神月復活?

 

『デスノート』あいかわらず人気高いみたいですね。

正直なところ、私はL(エル)の大ファンだったので、Lが死んだ時点で『デスノート』は自分の中で終了しちまいました(-ω-`*)



しかしですよ!今回、新たに上映される『デスノートLight up the NEW world』で、藤原達也さんが10年後の夜神月、松山ケンイチさんがL(エル)を演じられるそうじゃないですか~!

まったくファンにはたまらない内容になっておるようですな( ゚▽゚)/

 

L(エル)が復活するなら、是非わたくしも見に行かねばなるまい!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

 

7489dc5b

 

 

しかし仏教的には夜神月の復活はありえない

 

さて、仏教ともうしますのは、非常に合理的な教えですので、そもそもこのような非現実的な作り話の主人公が死後どうなったかということを論じるようなことはいたしません。

 

よくスマナサーラ長老「うさぎの角」という例えを使われます。

「うさぎの角があるのか無いのか」というような、ありえないことを議論したところで時間の無駄ということです。

 

とはいうものの、そういうありえないことを現実のこととして想像してみるのって、やっぱりおもしろいんですよね~( ゚∀゚)エヘヘ

 

ですので、今回はもしデスノートが実在し、夜神月のような人が存在したと仮定したら、彼は死後どうなるのかを考えてみましょう。

 

ところで夜神月は最終的にデスノートで何人殺したんでしたっけ?

 

漫画ですから悪人はものすごく悪く描かれていますが、だからといって殺してしまうのは非常にまずいんですね。

夜神月は次から次へと殺しまくっていた印象がありますが、仏教では【殺生】するということは重い悪業を積むということになっています。

 

ですから、仏教では『いかなる生命をも殺してはいけません』と教えています。

 

とくに人を殺すというのは、来世においては「割にあわないほどの報い」があるらしいので、もしみなさまがデスノートを拾われたとしても、絶対に使われないことをお勧めします。

 

人を殺すというのは、ものすごい悪業を積んでしまいますから、死後はほぼ確実に「地獄」へ直行するようです。

そして「殺人」の悪業が尽きるまで、想像を絶する苦しみを味わいながら、地獄という世界で生きることになります。

 

ところで、みなさまは地獄絵図をご覧になったことはありますか?

鬼が人を釜茹でにしたり、刺したり、潰したりしている様子が描かれている絵のことですね。

 

しかし、あれはあくまで例えであって、じっさいの地獄は言葉では例えることができないほどの苦しみだけが存在する世界なんだそうです。

img_0_m

 

 

しかも地獄に生まれ変わると寿命がありえんほど長い(^◇^;)

 

どのくらい長いかというと、お釈迦様のご説明によれば荷車一台分のゴマを一万年に一粒ずつ投げてもアブッタ地獄という地獄より早く終わるそうです。

アブッタ地獄がどんな地獄か知りませんが、どのような地獄でも私たちからすれば想像を絶する苦しみの世界なのは間違いありません。

 

また荷車のゴマが何粒あるかはわかりませんが、おそらく途中で数えるのがいやになってあきらめちゃうほどあることでしょう。

そんなゴマを1万年に一粒ずつ捨てていっても、まだアブッタ地獄より早く終わってしまう・・・( ノД`)

 

恐ろしいのはアブッタ地獄でさえ、わたしたちからしたら想像を絶する長さなのに、それより長い地獄はいくらでもあるという事実(|| ゚Д゚)

 

ですから仏教では「地獄だけは行かないようにしなさい」と口をすっぱくして教えています。

 

地獄の期間はどのくらい?

 

お釈迦様のわかりやすい説明によると

 

アブッタ地獄20回分 = ニラブッタ地獄1回分

ニラブッタ地獄20回分 = アババ地獄1回分

アババ地獄20回分 = アタタ地獄1回分

アタタ地獄20回分 = アハハ地獄1回分

アハハ地獄20回分 = クムダ地獄1回分

クムダ地獄20回分 = 白睡蓮地獄1回分

白睡蓮地獄20回分 = 青蓮地獄1回分

青蓮地獄20回分 = 白蓮地獄1回分

白蓮地獄20回分 = 紅蓮地獄1回分

 

んもう、紅蓮地獄がどの位の長さになるか訳わかんないし。

 

荷車は古代インドの荷車なので、どのくらいゴマを積めるのかよくわかりませんが、100万粒で計算してもかなりの時間になると思います。

暇な人はどの位の長さになるかぜひ計算してみてください。

50143_l1

 

 

 

 

 

 

仏教の教えからいくと、夜神月はほぼ確実に地獄に転生しますから、人間界に復活するという設定はありえないんですね。

 

地獄というのは刑務所の独房と一緒で、自由はまったくありません。

独房で想像を絶する拷問を、想像を絶するほど長い間うけつづけると想像すればわかりやすいかもしれません。

 

夜神月が人間界に復活できるとしたら、おそらく今の宇宙の間は無理でしょう。

次か、次の次くらいのビックバンを待たなくてはならないかもしれません。

もしかしたら、それよりもっと長いかも・・・(|| ゚Д゚)

 

はたして夜神月は人間に転生できるのか?

 

そもそも人間界に生まれるということじたいが非常に難しいらしく、競争率がはんぱないらしいんですね。

というのも、天界からも餓鬼界からも人間界に生まれ変わりたいと思っている者は非常に多いからなんです。

 

ですから、地獄から人間界に転生できる確率はひじょうに小さく、過去世でよほど善い業をつんでおかなければ難しいとされています。

 

夜神月君が地獄でのおつとめを終えて、人間界に転生できるかどうかは夜神月君が前世でどのくらい善い行いをしたかにかかっているんですね。

 

しかも人間界に転生できるのは、次の宇宙以降になりますから、今回の映画は本来なら成り立たないのですが、まあそもそもが作り話ですから、なんでもありです!

それでいいんです!

 

Lも復活することだし、わたしも映画を楽しんできま~す( ゚▽゚)/

 

関連記事: 悪夢にはご用心








記事一覧はこちら→「心を洗う」


スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください