「許す」カテゴリーアーカイブ

嫌いな人とさようなら~人生『ババぬき合戦』開幕!

 

人生は壮大な『ババ抜き』合戦会場

 

 

突如始まる『人生ババ抜き合戦』

 

 

生きていると、きらいな人、苦手な人、意地悪な人、まさか!と思うほど器の小さい人など、自分にとっていろいろと問題のある人に遭遇します。

 

そして、学校や職場に必ず1人~2人くらいは「もう、こいつ絶対無理!」というような自分と超絶合わない人間が現れることがあります。

 

苦手くらいなら、なんとか相手に合わせてお互い波風をたてないようにすることも可能ですが、自分のキャパシティを超えてくる激嫌人間に遭遇してしまった場合が問題です。 続きを読む 嫌いな人とさようなら~人生『ババぬき合戦』開幕!

心が変わると嫌いな人が去っていくのは本当だった!

 

実体験してみての感想

 

 

ポイントは心を変えること

 

 

※できれば『受け入れる』と『変化が起こる』は本当だった!】を読んでからこちらをお読みください。

 

さて、前回の【『受け入れる』と『変化が起こる』は本当だった!】で書きましたように、立て続けに私の二人の敵役(かたきやく)であった、元同僚の悪魔のA子と上司がわたしのもとから去っていきました(上司は去っていく予定になりました)。
続きを読む 心が変わると嫌いな人が去っていくのは本当だった!

『受け入れる』と『変化が起こる』は本当だった!

 

人生を賭けた大実験!

 

 

わたしは実感してみたかった

 

 

前回の【『運命を拓く』~心で人生を乗りこえていくということ】で書きましたように、わたしは「運命を心で乗りこえる」というのはどういうことなのかを実感したいとずっと思ってきました。

だからこそ、辛いことがあっても「心で乗りこえよう」とがんばってきたのです。

 

そして「問題は【受け入れる】ことで消える」ということを体験したことで、自分の人生の課題のひとつを乗りこえることができたと実感したのでした。
続きを読む 『受け入れる』と『変化が起こる』は本当だった!

大嫌いだった人と『ノルウェイの森』の類似点

 

恐ろしいほど似ていた!

 

 

『ノルウェイの森』を改めて読んで

 

 

村上春樹さんの『ノルウェイの森』を読まれたことがありますか?





 

私も昔読んだことがあるのですが、正直なところ村上作品の中でもあまり好きではない作品なので、1~2回しか読んだことがありません。

好きな作品なら何度も読み返す性質(たち)なので、同じ村上作品でも『ダンス・ダンス・ダンス』や『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』などは10回以上読みなおしています。 続きを読む 大嫌いだった人と『ノルウェイの森』の類似点

大嫌いだった人よさらば~幸せをせつに祈る

もう二度と会いたくない人

 

 

悪魔の「A子」

 

過去記事で書いていますが、わたしには「もうこいつだけは絶対に許せない」という敵(かたき)のような人間がいました。

 

関連記事:

ホ・オポノポノ絶対に許せないと思っていた人を許すために私がしたこと(Part1)

許すこと、それは自分との闘い~私とエゴのガチバトル序章編

続きを読む 大嫌いだった人よさらば~幸せをせつに祈る

【人を許すのに自分を許すこと】って必要だったか?

 

人を許せないのは自分を許せないから?

 

 

【許す】ためにいろいろ調べたけれど

 

「人を許せない」というのは、常に怒りが心にあって、非常に苦しい状態です。

 

わたしも人を許せない状態にあったとき、本当に毎日が苦しかったので、早くこの怒りを手放したいと切実に願っていました。 続きを読む 【人を許すのに自分を許すこと】って必要だったか?

絶対に許せないと思っていた人を許したら~その後

許すと相手も変わるって本当だった

 

自分の心の変化は相手も変える

 

昨年の12月に私は5年以上許せなかった相手を許すことに成功しました。

詳しくは
『許すこと、それは自分との闘い~私とエゴのガチバトル序章編』
から

『ついに許す!: 許すこと、それは自分との闘い~私とエゴのガチバトル』
までをお読みください。 続きを読む 絶対に許せないと思っていた人を許したら~その後

許すことは簡単ではないけれど、不可能ではない

許すことは簡単ではないけれど

 

私の好きな言葉

 

『ついに許す!: 許すこと、それは自分との闘い~私とエゴのガチバトル』から続きます。

 

許すということは、簡単ではありません。
しかし、不可能でもないのです。 続きを読む 許すことは簡単ではないけれど、不可能ではない