独断と偏見?ボロい軽自動車に乗っている男は出世しない


 

ボロい軽自動車ほど運転が荒い

 

 

そう思うのは私だけだろうか?

 

 

道を車で走っていて、交差点でほぼ赤信号なのにむりやり突っ走っていったり、無理な割り込みをしたり、ものすごいスピードで飛ばしているのが、男性が運転するボロい軽自動車(古いアルトとか)だったら、その男性は出世できないだろうな~と思うのはわたしだけでしょうか?

 

 

なぜか?

 

もちろん理由はあります。

 




 

 

わたしが独断的にそう思う理由

 

 

1. 短気

まず、ああいう運転をするような人は、せっかちで短気で、小さいことにもすぐにイライラするというような自分の感情をコントロールできない人だろうと思うからです。

 

2. 物を大切にしない

ボロいだけならまだしも、たいていそういう運転の荒い車って見た目も汚いし、本当に走ればいいって感じで、ものを大切にしない人なんだなと思うからです。

 

3. 他人に対してリスペクトがない

他人への思いやりがあるような人なら、事故につながるような乱暴な運転はそもそもしません。

こういう人は、かなり自己中心でわがままな性格であろうと思われます。

 

そういう人って、おそらく会社でも、せっかちで短気ですぐにイライラすると思うので、おそらく同僚からも上司からも一歩引かれた状態なんじゃないでしょうか。

 

「さわらぬ神に祟りなし」って言いますからね~。

ヘタにかかわって、怒らせでもしたら面倒です。

あたらず、さわらずが一番です。

 

では、そのような面倒な人に大事な仕事を任せられるでしょうか?

上司だって人間ですから、扱いにくい人よりは、扱いやすい人のほうがいいにきまってます。

 

すぐにイライラする短気な人間というのは、よほどやり手でないかぎり、周囲からうとまれてしまうものです。

 

そういう独断と偏見に満ちたわたしは、運転の荒いボロい軽自動車がすごい勢いでわたしの車を追い抜かしていくたびに「きっと、会社でもたいしたことない仕事しか割り当てられなくて、ものすごくフラストレーションが溜まってんだろうな~」という同情の目で見てしまうのでした。

 

やはり怒りの心は損

 

 

短気で怒りっぽい人というのは、やはりものすごく損をします。

 

たとえば今回の運転の荒い軽自動車に乗っている男性の場合、おそらく仕事がおもしろくなくて、仕事を転々とするような人が多いと思われます。
(※もちろん、わたしの独断と偏見ですが、あながち外れてないんじゃないかと思います。)

 

仕事を転々とするから、お金がない。

お金がないから車を買えない。

フラストレーションがたまるから、運転がさらに乱暴になる。

 

負のスパイラルにはまりまくってしまうのです。

 

そしてそのうち事故ってさらに痛い目にあうことになります。

まあ、でも少々痛い目にあわないと人間おのれの愚かさに気づけませんからね。

 

とはいっても事故に巻き込まれた方はたまったもんじゃないですが(^◇^;)

 

「短気はものすごく損気」

 

ご自分が短気だと自覚している方は、性格を直す努力をされた方が賢明ですぞ(-ω-`*)

 

みなさまが幸せでありますように( ゚▽゚)/

 

関連記事:

「私の何が悪いのか?」~痛い目にあったときそれがわかる

人生痛い目にあうのは「人格修正しろ」って天から言われてる









記事一覧はこちら→「心を洗う」


スポンサードリンク

「独断と偏見?ボロい軽自動車に乗っている男は出世しない」への4件のフィードバック

  1. それが意外とボロ軽のりの自営業の社長みたいな人が多いんだこれが。特に古いアルトやミラ。仕事用って割り切って乗ってるか、魚釣りとかにも使うかって感じだけど。短気なのはあたりだが、ものは大事にするよ、ただし自分のものだけね。職人気質の人は、特に調理系(フレンチは鉄板)短気な人めっちゃ多いね。社員は使いつぶす人多いね。仕事の金には細かいからボロ軽なんだろうね。きちんとしなきゃいけないときはレクサスとかベンツに乗ってるやつ多いね。もちろんびんぼーじーさんの軽のりの方が多いけど、意外と「短気などけちの金持ち親父」がいるんだよね。しかもキャラ的にこっちの方が強烈なのが多いよ。

    1. なるほどですね。
      勉強になりました。

      ところで、会社でボロの軽ほど運転荒いっていう話をしたら、みんな「そうそう!」ってなっていたので、けっこう共通した認識なんですね。
      載っている人がどういう人かまではわかっていませんでしたけど。

  2. 結構前に後ろのドアがボコボコで傷だらけの青のスズキのMRワゴンにいきなり割りこまれて、乗っていた親父に睨まれてなんか文句言っているような感じで「は?」って思いましたね。

    その後物凄いスピードで飛ばして前が詰まったら前の車を煽ったり、ウィンカー無しでいきなり曲がったりとまさにこの記事と同じような運転の荒さでしたw

    1. そうなんですよ!
      わたしも睨まれたことあります。
      こんなブログ書いててなんですけど「一度事故って痛い目にあうがいい」と思ってしまうのでした。

      実はこの記事、あんまり腹がたったので腹たちまぎれに書いたんですけど、やっぱり悪口はよくないかな~と思いながら書いたので、なんか文章が固い感じで好きではないんですよね。
      とはいえやはり同じ認識を持った方が多いのだと思い、少しの悪口をいう自分を許そうという気になりました、ハハハ・・・(^◇^;)
      暑くてブログを休んでましたが、コメントをいただいてそろそろ再開しようという気になってまいりました。
      ありがとうございます。

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください