人間力をあげるのに効果的な方法とは


仏教における人間力をあげるための訓練法

 

戒を守る

 

人間力を上げていくのにもっとも効果的なのはやはり瞑想でしょう。

 

しかし、瞑想のほかにも人間力を上げる方法がありまして、私が効果があったと思う方法をお教えします。

 

仏教には「戒」という守るべきルールというものがありまして、出家していない一般の信者が守るのが「五戒」「十善戒」というルールです。



 

『五戒』に関しては

『人生を好転させる為に守るべき5つの基本ルール(PART1)』

『人生を好転させる為に守るべき5つの基本ルール(PART2)』

に書いておりますので参考にされてください。

 

十善戒を守ってみる

 

今回、ご紹介いたしますのは『十善戒』です。

 

十善戒とは

1.不殺生(ふせっしょう):むやみに生き物を殺さない

2.不偸盗(ふちゅうとう):盗みをしない

3.不邪婬(ふじゃいん):異性と邪な関係をもたない

4.不妄語(ふもうご):嘘をつかない

5.不綺語(ふきご):無意味なおしゃべりや噂話をしない

6.不悪口(ふあっく):悪口や陰口を言わない

7.不両舌(ふりょうぜつ):他人との仲をさくようなことを言わない

8.不慳貪(ふけんどん):欲張らない

9.不瞋恚(ふしんに):怒らない

10.不邪見(ふじゃけん):間違った考え方、ものの見方をしない

 

私も実践してますけど難しい( ≧Д≦ )

 

もちろん守ることは全部の項目で難しいのですが、私が特にむずかしいと思うのが6の「不悪口」です。

 

とくに心に怒りが生じるとつい出てしまうのが「悪口」であったり「非難」であったりします。

 

心を観察すると「自分が正しい」「間違っている相手を非難しなければ気がすまない」という思いが渦まいているのがわかります。

 

ここでグッと忍耐して相手の悪口を言わない・・・・といけば格好いいのですが、つい言ってしまうんです、これが( ノД`)

 

相手への悪口を言いたいという欲求に負けてしまうのです。

 

そして、また言わないようにがんばるぞと決意して、また自分に負けるという繰り返し。

それでも以前より格段に言う量は減ってきました。

しかし、全く無くすというのはとっても難しいんですね~。

同時に「嘘をつかない」というのも全く無くすのはとても難しいです( ノД`)

 

なぜかというと私たちには「慢」という煩悩があるからです。

「慢」とは自分を評価する煩悩のことで、「自分が正しい」と評価することは「高慢」という煩悩です。

「自分はダメだ」と評価することは「卑下慢」という煩悩です。

 

しかも、この「慢」という煩悩はかなりやっかいな煩悩で、悟りには4段階ありますが、悟りの最終ステージである「阿羅漢果」に達しない限り消えない煩悩だと言われています。

 

そのように誰でも持っていて、しかもがんこな煩悩なのですが、この慢という煩悩が「怒り」を生み出すのです。

 

そうして「自分は正しい」という思いあがった心で「悪口」「非難」をしてしまうのです。

 

と・・・、ここまでわかっていながらそれでも「悪口」を言ってしまうのは何故なんでしょう?

分かっちゃいるけどやめられないという心理。

皆様にも心当たりはございませんでしょうか?

 

なぜかというとそれは「智慧が無いから」なんです。

 

「智慧」というのは私が思うのに「正しい生き方とはどのようなものかを理解する心の力」のことです。

 

この「心の力」が無いために、どうしても「悪口」を言いたいという欲求に負けてしまうのです。

人間力を上げるといのは、「心の力を育てること」と言っていいでしょう。

その「心の力」を身につける方法のひとつに「戒を守る」ということがあるわけなんですね。

 

実践してみるとその難しさがよくわかります。

しかし、それが心の力をつけていってくれるのです。

是非、挑戦してみてください。

わたしも挑戦しつづけます( ゚▽゚)/

 

十戒を守ると人間関係が変わる

 

十戒には

4.不妄語(ふもうご):嘘をつかない

5.不綺語(ふきご):無意味なおしゃべりや噂話をしない

6.不悪口(ふあっく):悪口や陰口を言わない

7.不両舌(ふりょうぜつ):他人との仲をさくようなことを言わない

というように4つも言葉に対する戒があります。

 

この4つを守る努力をしますと、人間関係が変わる経験をされるかもしれません。

しかし「悪口」を話す内容のネタにして盛り上がるような人間関係でしたら、さっさと離れたほうが自分のためになります。

 

お釈迦様も「人間関係は選びなさい」とはっきりおっしゃっています。

 

誰とでも仲良くするのがいいことではないのです。

 

そういう人たちとは適当に合わせておけばいいのです。

そういう人たちと交わることで心を汚す必要はまったくありません。

 

自分の心は自分で守る、そして育てる。

 

これが正しい生き方の第一歩です。

みなさまが幸せでありますように

関連記事:妄想が幸せを壊していく~高畑容疑者はなぜ今回の事件をおこしてしまったのか?






記事一覧はこちら→「心を洗う」


スポンサードリンク