いい夢を見てポジティブになる1


夢占いに興味がありますか?

 

私はどんなに心が辛い状況でも、仕事がハードなせいで不眠になることはありませんでした。
疲れているためか、熟睡です。
夢を見ても覚えていないのが殆どです。

なので逆に夢を覚えていると、どんな意味があるのか知りたくなってきました。




見た夢が夢占いで吉夢とでるとうれしくなりますよね。
ただ、その夢の暗示が現実世界に反映されたという実感は皆無ですが(笑)

 

ただ、この一年いい夢を見ることが増えてきたと思います。
なんででしょう?

 

思うにほぼ一年前に大きな気付きがあってから、心の在り方が少し変わったせいではないかと思います。

 

私は自分の心の怒り・憎しみを乗り越えるためにひたすら瞑想とホ・オポノポノを実践してきたのですが、薄皮を剥ぐようにして、徐々に心がクリーニングされていくと、気付きが少しずつ出てくるようになりました。

 

さて、一年前に心の在り方を変える気付きとはどんなものだったかと申しますと「自分にできることは何もない」ということです。

 

「なんじゃ~?そりゃ?」と思われますね。
実は私もそうでした(笑)
気付きというのは、おそらく意識の深いところを変換するので、言葉で表すとよく分からんと言うことがあるようです。

 

私も「自分にできることは何もない」という気付きで心がスッと落ち着いた時には、なんでこの一言で心が変わったのかよくわかりませんでした。

しかし、段々と思考が整ってきて解ったのは「この現実世界は様々な因果で成り立っているものである。自我(エゴ)がいくらこうあって欲しいと思っても、思うようにはならない」ということです。

 

なんで、そんなことで落ち着くのかと言われると説明に困りますが、世界は自分の思い通りにはならないということに納得できたんじゃないかと思います。

 

その気付きがあってから何日かするとトロフィーを2本もらう夢を見ました。
夢の中でトロフィーを誰かにもらった私は、箱に片づけて「また必要な時に出そう」と考えていました。

 

目が覚めて、早速夢占いで調べてみると

賞品】・【賞金】・【トロフィー】・・・、勝ち取ったもの。洞察、成長、技量、褒美、誇り。
事態への取り組みが良く、難しい課題をこなしたこと。
より高いレベルから正しい評価がくだされたこと。

ただ、意外な賞を受け取るのは、褒められたい願望、自信の無さ、劣等感の表れなんだそうです。

 

微妙なんですが、この夢の場合は、潜在意識が『がんばったね』と言ってくれたのだと信じたいですね。
潜在意識が認めてくれると、吉夢が見やすくなるのではないでしょうか?







記事一覧はこちら→「心を洗う」


スポンサードリンク