村上春樹さんに学ぶ暗闇人生脱出法(Part6) 体得すること 


【ゴリゴリ期】脱出に欠かせないのは

 

「村上春樹さんに学ぶ暗闇人生脱出法(Part5) 勇気」からの続きです。

 

村上春樹さんの著書である「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」は人生のSuperMax暗黒時代である『ゴリゴリ期』を脱出するための指南書であり、キーワードに沿ってその脱出ための方法を説明しています。

 

『ゴリゴリ期』の関連記事「頑張っても頑張っても報われないと思っているなら~それは人生におけるゴリゴリ期です





 


世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 全2巻 完結セット (新潮文庫)

 

「村上春樹さんに学ぶ暗闇人生脱出法(Part5) 勇気」ではキーワード6:勇気をご説明しました。

 

今回は一連の記事を一度まとめてみたいと思います。

人生のSuperMax逆境期である『ゴリゴリ期』を脱出させるためのキーワードは

1.観察すること
2.導いてくれる存在
3.信じること
4.受け入れること
5.愛
6.勇気

の6つでした。

 

確かにこの6つがあれば『ゴリゴリ期』脱出はできるのですが、ここには大切なことが抜けているのです。

 

それは、皆さんが体得できるかどうかです。
いくら自己啓発のブログや本を読んでも、それを実践し体得しなければ脱出は不可能なのです。

 

おそらく、村上さんもそこが一番難しい部分だと感じていらっしゃると想います。

例えば【世界の終り】で「僕」と同室の「大佐」という老人はこのように言います。

「他人から教えられたことはそこで終わってしまうが、自分の手で学びっとったものは君の身につく。そして君を助ける」

 

また、【ハードボイルドワンダーランド】の主人公が博士の説明を聞いた後、孫娘に事情を知っていたならなぜ最初にそれを教えてくれなかったのかと問いただします。

それに対して孫娘は

あなたに祖父に会って事情を正確に理解してほしかったからよ」
「それに私が教えても、あなたきっと信用しなかったんじゃないかしら?」と答えます。

 

こういう文章からみて、村上さんは自分が納得し更に体得していかない限り、自分を変えることは難しいと伝えたいのだと思うのです。

 

『ゴリゴリ期』は人により千差万別です。
ですので、脱出方法は教えることができますが、後はご自分自身が実践し体得していかないと脱出はできないのです。

 

自分を救うのは自分しかないということです。

 

関連記事:世界の終りとハードボイルドワンダーランドの結末は結局どうなったのか?







 記事一覧はこちら→「心を洗う」


スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください