映画【秘密-THE TOP SECRET-】を観てきたんだけど・・・


映画【秘密】を観に行って

 

期待が大きかった分がっかりした

 

私は映画を観るのが好きなんですが、もう、この映画、予告で観たときから気になっていて、観るのをものすご~く楽しみにしていたのに、いざ観てみたら「不完全燃焼」感が半端なかったというオチ(^◇^;)

スポンサーリンク



 

死体の脳から視覚情報を映像化するという設定はおもしろいから、もっといい映画にできたはずなのにむだに長すぎるのと、素人の私が観ても演出の悪さがきわだっていました。

 

特に大森南明が演じた悪徳警官。

でかい声で汚い言葉をわめきちらして、観ていて不快になっただけ。

もっとキャラクターに深みをもたせたら、いい脇役になったのにと思います。

 

最後にすべてがわかるはずだと、とちゅう飽きてきても我慢して観ていたけど、結局よくわからないまま終わってしまったという感じでめちゃくちゃ「不完全燃焼」。

推理小説でけっきょく犯人がわからなかったと同じくらい大きな不満が残り、後味の悪さを感じたのでした。

 

脚本と演出に失敗するとこうなるんだなと逆の意味で勉強になった映画の一つとして私の記憶に残ることになったのは残念です。

 

主演の生田斗真、その脇を固める岡田将生、松坂桃季、イケメンぞろいで目の保養にはなりましたが・・・。

なぜ、こんないいメンバーをそろえて、ここまで失敗するんだよぉ!

jitubou

 

そういえば原作は清水玲子さんだったのですね。

彼女の美しい絵が大好きで「竜の眠る星」などジャックとエレナのシリーズは何冊か持っていました。

「竜の眠る星」最後泣いたなあ。

懐かしい~。

 

やっぱり映画は「ハッピーエンド」に限るという思いを強くしたのでございました。

関連記事:話題の映画テラフォーマーズを観て人間の身勝手さを見る(ネタバレ注意)







記事一覧はこちら→「心を洗う」


スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください