夜明け前が一番暗いと言うけれど


夜明け前が一番暗い

 

逆境期においては、よく使われる言葉ですね。

イギリスの諺なんだそうです。

もちろん、私も逆境を乗り越える格言として持っていました<( ̄^ ̄)>




 

しかし暗闇にいたら、いつが一番暗いかなんてわかんないんです。

一番暗かったのがいつか分かるのは夜が明けてからなんです。

 

この言葉を逆境期における格言として持つのは、私のようにせっかちな人間には向いていませんでした。

「今が夜明け前かも!」「今度こそ夜明け前かも!」と変な期待をしてしまうからです。

 

夜が明けてから(逆境期を抜けてから)改めて見直してみたら、その時はまだまだ真夜中だったのでした( ノД`)とほほ~

 

ですので、同じ格言を持つなら

 

「明けない夜はない」 

 

こちらをお勧めします。

 

こちらはシェークスピアの「マクベス」に出てくるセリフなんだそうです。

皆様が幸せでありますように。

 

関連記事:

「業(カルマ)に正しくアプローチして理不尽を乗り越える(Part1)」

「業(カルマ)に正しくアプローチして理不尽を乗り越える(Part2)」

「逆境は自分にとって最大のチャンスと知る」







記事一覧はこちら→「心を洗う」


スポンサードリンク